小技でストレスなく清潔に 洗面台を綺麗に保つ秘訣

徒然

洗面台ってどうしても汚れが溜まりやすいですよね。

私も、蛇口の付け根にたびたび現れる黄ばみに悩まされていました。

今回は、清潔な洗面台を保つ工夫を紹介したいと思います。

濡れたままになりやすい洗面台は汚れがち

手洗いうがいがや、お化粧など、日々の生活で使用頻度が高く、濡れたままになりやすい洗面台ってどうしても汚れが溜まりがちですよね。

蛇口の付け根部分や、ハンドソープの底など、少しお掃除をサボるとすぐに黄ばみや赤いカビが出てきてしまいます。

我が家もずっと洗面台のお掃除に悩まされてきました。ちなみに、今までの我が家の洗面台はこんな感じでした。

特に集合住宅にお住いで、ボウルや鏡、照明が一体になったユニット式の洗面台をお使いの方々には、よくある光景だと思います。

小技を使って汚れない洗面台を保つ

どうしてもボウル周辺は濡れた状態が続きやすく、汚れの温床になりがちです。

そこで!

どうにか、掃除を楽にしたい!と思い、行き着いた洗面台の管理がこちらです。

ポイントは2つ。

①洗面台にモノを置かない

  • ハンドソープは上の棚へ
  • 排水栓は吸盤フックを使い洗面台に乗せない。
    何なら、たまにしか使用しないので、鎖ごと外してしまってもいいのでは?とも思いましたが、失くしそうなので、このままとしました。笑
    ※私はたまたま家にあったフックを使ったのでゴツめになってしまいました(;’∀’)

②洗面台が濡れたらすぐにふきとれるようにする

  • 洗面台専用タオルを常に置いておくことで、気が付いたときにサッと拭く。
    100円ショップで購入したハンカチを4等分して、フックにひっかけています♪

たったこれだけのことで、洗面台の汚れは格段に付きにくくなりました!

面倒な黄ばみやカビ掃除ともオサラバ!

汚れがひどくならない工夫で、お掃除を楽に

毎日使う水回りは、汚れがひどくなってからお掃除すると、かなり根気のいる作業になることもあります。頑張った割にはあまり綺麗にならなかったりすることも。

そうなる前に、日ごろから汚れが溜まりづらくなる習慣をつけちゃいましょう。

今回ご紹介したような、日々の負担が少ない方法ならば、キレイを継続できる方も多いのではないでしょうか?ぜひ、皆様も是非試してみてください(^-^)

 

– ろみひー –

コメント

タイトルとURLをコピーしました